メイン

髪をきれいにするアイロンやブローのポイント

こんにちは!京都西院でショートヘアといえばTOSS!

代表の杉山諒次です♪

さて!今日はアイロンブローの仕方のお話!

今まで何度かセットのコツはお伝えしてきましたが今日はアイロンのお話をさせてください!

セットは基本的に何を使おうがポイントは同じなんですよね。

ですがお客様のお話を聞いているとセットするならアイロンを使うという方が多かったので

今回はこの記事を書くことにしました♪

早速ポイント解説していきますね!

1.根元を制する者は髪を制す!
アイロンの操作で最も大切なことの一つ。根元をきれいに入れる。
セットは根元で決まります。毛先はその次です。まずは根元からしっかりアイロンを入れて
丸めていくようにします。

けっこうやりがちなのが毛先を挟んでひねって曲げることです。
これはNGです。ほぼ100%不自然に線が入って折れます。

これは毛先だけを力づくで曲げるからです。
自然なカールは自然な力で根元から入れないとうまくいきません。

そうすると必然的に細かく分けて入れることになります。細かく分けるに越したことはないですね。
最低でもサイド後ろは3段、前髪は2段に分けてほしいです。

なので最初のポイントはちゃんと髪を分け取って根元から入れるです。ブログ画像
2.アイロンは決して止めるな!
これは少し慣れが必要かもしれないですがアイロンの動きは何が何でも止めないこと。

停めた瞬間そこが折れて線が入ります。

根元から毛先に向けてゆっくりでもいいので動かしてください。
持ち帰るときもいきなりアイロンを話すんじゃなくてスルーしながら離すみたいな。

折れ目がつく理由のほとんどがこれです。
プロでも最初はこれでつまづきます。

動画とかを見ていてもみんな無意識でこれをしているので教えてくれません。

でも実はここが大きなポイントなんです。
ぜひ意識してください!

ブログ画像
今日はこの2点!
まずはこれをマスターしましょう!

全体にこれをしてキレイにアイロンが入れれたならあとはひねりを加えるだけです。
ここまでくれば正直セット思い通りです。

僕も手首をフルひねりすることはないですから意外とひねらなくても髪は曲がるということです。

あ。ちゃんとアイロン前にはオイルなどをつけて保護してくださいね!

クセが伸びる魔法のオイル、ミストも載せておきます♪ブログ画像

コメントを残す

*