メイン

なんでTOSSのカラーやストレートは痛まないの?

こんにちは!京都西院でショートといえばTOSS!

代表の杉山諒次です!

近頃すごくお客様にお褒めいただくカラーとストレート♪

お客様からは
『なんかここのやつはヒリヒリしないね!』
『染めた後の方が髪がきれいな気がする!(笑)』
『こんな柔らかいストレート初めてです♪』

なんてことを言ってもらえております!

うれしいですぅ!

なんでそんなに刺激が少なくダメージも少ないのか!

これに関しましては考えられるのは大きく2つです!

1.薬剤がとてもやさしい!
これは最初に上がる要因ですよね♪
頭皮の刺激の強さとダメージの強さって実は比例しないんですよね。
結構ダメージないのにヒリヒリはするなぁって事あるんですよね。
これに関してはほんと薬剤選びです。特に白髪染めの薬剤はかなり刺激が少ないです♪

なので染め上がりもとてもなめらかですし頭皮もいたくないはずです!
考えられるのは酢酸系の成分がメインで使われていることで頭皮への負担が軽減されていると言ことです♪
これは髪にへの負担も軽減されます♪なので白髪染めやストレート独特の硬いごわついた感じが
しないようになっています!

2.トリートメント成分と配合コントロール
1番は主に薬剤自体がいいということですがこちらはTOSSオリジナルです♪
髪に十分な補修を行いながら、最低ダメージで仕上げる!

なんなら施術前より良くする配合を意識しています!
TOSSでは最後のシャンプートリートメントまでの間に3種類ものトリートメントをつけたり配合しています。

そして一番大きいのがPHコントロールです♪

なにそれ?

簡単に言うと弱酸性とか微アルカリとかいうやつです♪
髪を染めたりストレートにする時必ず必要になる刺激です。それを超最低限に保って配合するようにしています!

ちなみに髪の毛が弱酸性に対してブリーチが強アルカリ、マニキュアが強酸性です。

これはTOSSが結構こだわっている所です♪

いろんなお店がいろんな打ち出しをして正直何が何だかわからないというお声もよくお聞きします。

今はたくさんいろんなものが出てきてますからね。

でもやはり最後は扱う人の腕なのかなと思っています。

僕も今以上にしっかり知識と技術をアップデートして提供できるようにしますね!

ブログ画像ブログ画像

コメントを残す

*