メイン

パーマスタイルの取扱説明書

こんにちは!京都西院でショートといえばTOSS!
代表の杉山諒次です!

今日は寒いですね!朝の寒さが日に日に増してきていてなかなか応えていますが体調管理はばっちり!

さてさて今日はパーマスタイルの扱いについてお話しします!
意外とお話ししたことがなかったんですよね。

 

まず初めにパーマhairの特徴をお伝えします!
1.乾かすとカールが伸びる、取れる。
2.あてる前より乾燥しやすい、パサつきやすい
3.ボリュームが出やすい、動きが出しやすい

です。なのでこれを理解したうえで乾かし方とホームケアをしていきます。

朝起きたらすることは髪を濡らすことです。
乾いてカールが取れていますので一度リセットします。
そして限界までタオルで拭きましょう♪

ドライヤーの時間をなるべく短くしたいので無駄な水分はしっかりとります。

そうすればセットも早く終わりますしカールもとれずに済みます♪

タオルでしっかり拭いたら流さないトリートメントクリームタイプ、オイルをしっかりつけましょう♪

ここでしっかり保湿します!普段より乾燥しやすいのでしっかり目につけてOKです♪

そして乾かします。
基本的な乾かし方は僕がいつもお伝えするように乾かしてもらえればいいのですが時間に余裕のある時は

弱風で根元だけを乾かしていくイメージにします。

しっかり指で髪を持ち上げながら根元を乾かし根元が乾いたら毛先を乾かす♪

そうするとパーマは一番活かせます♪

それがストレスになる方は基本きつめにあてています。
いつも通り乾かして自然に仕上がるようにするパターンです。

最後にパーマスタイルは整髪剤を必ずつけること。

バーム、ワックス、ムースなどがお勧めです。

何もつけないとあまりカールや立体感が出ません。

わざと立体感が出るようになっているのでつやも出ません。

なので仕上げとして必ずつけるようにしましょう。

付けるのと付けないので段違いに変わります。

つけ方は毛先を中心にしっかりつけます。

そのあと根元や中の髪につけましょう!

パーマは保湿が命です。

トリートメントと整髪剤でしっかりセットするようにしましょうね♪

コメントを残す

*