メイン

湿気が多いとなぜ髪が崩れるのか?

おはようございます!京都西院でショートヘアといえばTOSS!

代表の杉山諒次です!

夏も終盤!台風の季節になろうとしています!夕立などの雨が多くなってきましたね。
まだまだじめじめして大変な日が続いています。

さて今日はこの湿気と髪に関するお話しをさせて頂きます!

朝頑張ってセットしたのにお昼ごろにはうねりだしている。
いや!なんなら出勤した時点でもう崩れてる!!

なんてことはないですか?
せっかく朝早起きしてもこれだとやってられないですよね。

実はこれは髪の毛の性質が関係しているんです。
髪の毛は空気中の水分を吸うという性質があるんです。

髪が水分を吸えば髪は元に戻っていきます。
膨らんでうねる人もいればぺったんこになる方もいます。

逆に髪は熱の力でストレートにしたり、膨らませたりしますよね?

ではこれを解消しようと思うとどうすればいいのか?

オイルや整髪剤の出番です。

ブログ画像ブログ画像

整髪剤というのはWAX、スプレー、バームなどのことを指します。

髪が水分を吸いにくくするためには髪をしっかりコーティングする、矯正しておくことです。

せっかく朝頑張って早起きしてセットしたのになにもつけず、すっぴん髪で外に出るなんて
もったいない!

ちゃんと何かつけて出るようにしましょう!

ベタベタするのが嫌いならソフトなものやツヤ出しレベルの物でも構いません♪

それに今の季節は紫外線もきつく髪が日焼けします。

UVをカットしながら湿気からも髪を守るということは髪のダメージを防ぐことにもなります!

毎日のことですからやっているかいないかでその結果は絶大です。

サロンで髪が傷んだからトリートメントをするというのならば先に傷まないように生活することです!

整髪剤はお顔で言うとファンデーションです。

つけえていると必ずきれいに見えます。パサつきや乾燥はなくせます。

ブログ画像治るわけではないですが見せ方は大事じゃないですか?

僕もよく髪型を変える割にあまり傷んでないですねと言われます。

もちろん人一倍ケアはしていますがやはり見え方として大きいのは整髪剤です。

女性ならファンデーションの威力は言わずともお分かりですよね(笑)

湿気で髪が崩れるのを少しでも予防するために整髪剤をしっかりつけて外出する習慣を

つけていきましょう♪

ブログ画像

コメントを残す

*