メイン

髪を痛めないカラーは毎回ちゃんと染めること!

こんにちは!京都西院でショートヘアといえばTOSS!
代表の杉山諒次です!

さて!今日はカラーのお話をさせてください!

ブログ画像今まで常識だと思っていたであろうお話です!

ただしこれは僕個人の意見ですのでご参考までに!

カラーで髪を傷ませないようにというのはもう何十年も前から僕たちスタイリストやお客様が

取り組んできている課題ですよね?

その中でリタッチというのがいつからか出てきましたね。

リタッチとは根元だけを染めることですね。

そして傷ませたくないならリタッチしようという風潮が出来上がりました。

リタッチ派と全体派はお客様ではなくプロである僕たち側からの発信です。

今日お話ししたいのは髪をきれいに保つなら全体をちゃんと染めた方がいいというお話!

は?しない方が傷まないじゃないの?

物理的に言うと確かに染めないのですからカラーのダメージはなく傷まないです。その時は!

しかし染めないということはそのままの状態でずっと放置することになります。

おうちで十分なケアが行われていたり、毎回トリートメントをされたりしているならそれもありかもしれませんが

それはなかなか難しいのが事実。

それに僕的には毛先を染めるのにかかる負担ってめちゃくちゃ少ないと思っています。

薬剤やトリートメントの配合、前や後の処理にこだわっているので染めた後の方がきれいなんじゃないか

くらいの時もあります。

そう思うとちゃんと毎回染める方がいいんじゃないかというのが僕の意見です。

そして大事なのは理想の状態がどんな感じなのかです。

素材自体がきれいであることとキレイに見せることの二つの工夫が必要です。

100:100でできるのがベストですが個人差がありますから理想のバランスを取りましょう。

この理想の状態は一緒に協力して作っていきたいですね♪ブログ画像

匿名 へ返信する コメントをキャンセル