メイン

TOSSの技術へのこだわり!カラー、ストレート応用編!

こんにちは!京都西院でショートヘアといえばTOSS!

代表の杉山諒次です!

さて!今日は以前お話しした技術ベーシックの続きです!

テーマは塗分け!

これはカラーとストレートの共通技術でもあるのでまとめたお話しさせてください!

僕がカラーやストレートをする際に一番に意識するのはこの目利きです。

髪の根元から毛先までがどんな状態になっているのかをいかに見分けられるかです。

これは頭の場所によっても変わります。

色、ダメージ、うねり、生え方これを瞬時に見抜きます。

そしてお客様自身の履歴チェックです。問診カウンセリングですね♪

この二つを頼りに薬剤を選定します。ブログ画像
最近はどの薬剤も本当によくなってきて普通に使ってもかなり髪にやさしくなっています。

しかしハイライトなどにより技術が複雑化しているためお客様の要望は昔以上に難しくなっています!

これは僕たちも大変なのですがここで燃えるのが僕です(笑)

どんなに薬剤がよくなっても結局施術をする人次第なんですよね♪

薬剤はパワーも使い分けますが色の調合も絶対に変えます。

ハイライトのように複雑な場合はちょうど中間を狙ったり、場合によってはすべて取り分けたり。

手間暇かけてしっかり技術を提供させていただいています。

僕たちの技術そういうところで差が出てきているんですね。

薬剤の良し悪しに頼るのではなく自分の技術や目利きの向上やこだわりに磨きをかけていかないといけませんね♪

コメントを残す

*